自分で大人ニキビを治療するための洗顔方法とは

自分で大人ニキビを治療するための洗顔方法とは

ニキビができてしまうと、気になってしまいます。

十代のころならまだ仕方ないとも思えますが、二十代を過ぎてからニキビができてしまうのはなんだか恥ずかしくなってしまいます。
しかし、大人ニキビは三十代、四十代になっても悩む人は多くいるのです。

しかし、洗顔方法を見直すだけで、自分で治療ができてしまうのです。
十代のころのように皮脂をただ洗い流せばいい、という洗顔の方法は二十代以降の人には向いていません。



Uゾーンは逆に乾燥してしまっているせいで皮脂の分泌が活発になり、毛穴の詰まりとなっているのかもしれません。



矛盾しているようですが、肌の乾燥が皮脂の過剰分泌を招き、ニキビを発生させているケースもあるのです。

そのため、あまり洗浄力が強すぎる洗顔料は使用しないようにしましょう。

また、洗顔しすぎるのも肌に必要な皮脂を洗い流してしまい、乾燥を招く原因となるため、毎日朝晩の各1回程度にとどめておくようにします。


洗顔料を肌に付けるときにもたっぷりの泡で撫でるようにして洗います。



指が肌に触れると、ついつい力を入れすぎてしまったり、いまできているニキビに触れて悪化させてしまう可能性もあります。

泡で顔を撫でるようにして洗うようにしましょう。

洗顔後は泡が肌に残らないようにしっかりとすすぎます。

その時にも熱すぎるお湯は肌の皮脂を洗い流しすぎてしまうため、ぬるま湯で洗い流し、その後しっかりと化粧水で水分を補給してから乳液などで乾燥しないようにしましょう。

Copyright (C) 2015 自分で大人ニキビを治療するための洗顔方法とは All Rights Reserved.